サブスリー!



ハワイ大好き、ランニング大好き、家族も大好き
バイクが好き、ゴルフが好き。そしてお酒が好きです!
2004年4月から走り始めました。
最初はゴルフの飛距離を伸ばすためでしたが、
すぐ出場した伊達の10kレースで41分、
年代別で入賞して完全にハマりました。
今では毎月400k前後を走る毎日です。
基本的に朝ラン派です。

初フルマラソンは走り始めて半年後の
04年10月の旭川マラソンで3時間6分。
05年5月の洞爺湖マラソンで2時間59分7秒初サブ3)、
05年8月の北海道マラソンは3時間7分12秒。
その後すぐに防府マラソン出場を狙いましたがア
キレス腱炎でDNS。
翌年5月の洞爺湖マラソンでサブスリー復活
(2時間58分18秒)。

06年12月、念願の防府マラソンを完走しました。
氷雨と風に悩まされましたが、関門をギリギリで通過、
自己ベストを更新できました。(2:57:52)

08年5月の洞爺湖で4回目のサブ3を達成。
06年の防府で出した自己記録を5分38秒更新して、
2時間52分14秒。これが自己最高記録です。
体調不良から自信は全くなかったのに大幅更新。
不思議です。キロ4分ペースをもっと楽に走れるように
練習していきます。
そして鬼門の北海道マラソンでサブ3達成です。

さらに、究極の目標は別大完走。
寄る年波でどんどん遠のく目標ですが、
Hold on tight to your dream!

昨年から自分の殻を破るため、
そして我流の限界を破るために、
作.Runの一員にしていただきました。
メンバーのほとんどがサブスリーか、
いずれそれをはるかに上回るであろう強い老若ランナー。
いつもすばらしい刺激をいただいています。

趣味はマラソンだけでなくハワイ家族旅行、
グルメ、お酒、バイク、自転車、登山・・・
多趣味の大ばか者がいろいろな話題を書き連ねています。
初めての方もどうかお気軽にコメントを残してください!
profilephoto
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
久しぶりの30kmジョグ


今朝の恵庭千歳は快晴で、気温がマイナスでした。
しかし朝日を迎えに行くように千歳まで走りました。
今日のテーマはキロ5分のロングジョグ。
無給水と無補給食。
まぁ、久しぶりの30km走をなんとか走り切りました。
| chihikin | マラソン、ランニング | 19:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
2012年北海道マラソン完走記
 2012年北海道マラソン完走記 本間欽也
記録 3時間2分30秒
saku_dot_run-345185.jpg

今年は結果的に北海道マラソンの自己ベストタイムで完走できました。
「最低でもサブスリー」を狙っていたので大満足とはいきませんが、
最後まで歩かずに完走できたのでほっとしています。
ただ、今回ほど順調に練習できたレースはありません。
自分としては質、量ともに過去最高の練習です。
.譟璽晃緘沼从の脚作りとして週末に二日連続30km走を3週連続でこなした。
■況遏■祁遏8月の走行距離はトータルで1600kmに達した。
チーム練習会でレースペース走を、2週間前には15kmレースをキロ4分で完走。
し覯漫体脂肪率が久しぶりに8%、体重は54kgまで落ちた。
それなのに「道マラでサブスリー」にまたしても届きませんでした。
正直、「あとどうすればいいのだろう...」という気持ちもあります。
それでも落胆しているだけでは次につながりません。
レースを振りかえってみます。

前日までのカーボローディング、当日朝食もしっかりできました。
今回も出だしで飛ばしすぎずにキロ4分10秒から15秒で3kmまでいきます。
渋滞が無くなっても自重します。そこに太田尚子コーチ出現。
サブスリーペースで淡々と走る尚子さんにしばらく着かせてもらいます。
声をかけると「慎重にがんばって!」のエールをもらい、そう肝に銘じます。
10kmの通過は21分10秒、スタート混雑ロスを考えると順調です。
すると阿部雅司さんに追いつきました。「阿部さんはどのくらいで行くんですか?」
「3時間を切るくらいです」それでは併走させてもらおうかな?と思い、「ではお願いします」
「いやいや、まだまだ行けますよっ!」と励ましていただき、その気になってしまいました。
よしっ!とばかりに少しだけペースアップ、キロ4分5秒前後で進みます。
10kmから15kmのラップが20分21秒、15kmから20kmが20分32秒、
中間点が1時間27分29秒。まぁ、出来過ぎですね。
でも結果的にこの区間のペースアップが終盤の失速を招く原因かもしれません。
いつもの北海道マラソンは北24条から新川通に入る頃からきついと感じていましたが、
今年は楽勝でしたので、「今年はいけるかも、サブスリーよりもうちょっと」なんて色気を
出してしまったのが敗因です。
もうひとつ。調子に乗っていつもは中間点と30kmで摂るピットインを摂らなかったこと。
空腹感がまったくないどころか、若干、胸焼け気味だったこともあります。
しかし、空腹感を感じてから摂取しても手遅れなんですね、レース中のエネルギー摂取は。
案の定、新川通の折り返しから体調に変化を感じます。
最近のレースでは25kmから35kmまでの10kmは淡々とラップを消化する
「なにもしない」作戦が奏功していました。今回も「さて25kmだ、ここからなにもしないぞ」
と決めて進みますが、身体はすでに言う事を聞いてくれませんでした。
苦しくなったら息を吐く、腕を振る、ピッチを少しだけ速める、の鉄則を試してもダメ。
1kmごとのラップはついに4分15秒を超えることが多くなってきました。
30kmから35kmのラップが22分50秒。「やばい、もうだめか?」
実はここが私の最大の弱点で、まだ全然やばくないんですよね、
ギリギリでサブスリーをやるためには。
まだまだ貯金があるのに、すぐに弱気になって投げ出してしまう。
それでも以前であれば歩き出していたかもしれない動揺ですが、
さすがに今回も絶対歩かない、と決めていたので堪えます。
しかし、しだいに脚が上がらなくなってきました。ピッチも遅くなります。
35kmから40kmのラップは24分35秒。40km通過が2時間52分。
サブスリーをあきらめました。それでも次の目標は3時間2分台です。
道マラ自己ベスト更新にむけて遅いながらも一歩一歩進みます。
今回も沿道の応援はすごかったんです。苦悶の表情でトボトボ走る私に
「道新さん、最後までがんばれっ!」
という声援は数知れず。本当にありがとうございました。
JR新川駅には高校の同期生、妻と娘、上司、取引先のご夫妻、妹と姪と甥。みんな応援ありがとう。
みんなのおかげで一番苦しい区間を持ちこたえることができました。そして赤れんがでは老母が。
母は海外旅行から当日の11:00に帰札して駆けつけてくれました。
「欽也っ!」と、子供の頃からかわらない叱咤激励です。ここでまた脚が上がります。
時計を見ると、なんとか3時間2分台で行けそうです。ラストの大通6丁目の交差点を右折してから
やっと脚が軽くなりました。軽くスパートして数人を抜いてゴール。3時間2分30秒。
サブスリーは来年に持ち越しです。翌朝の道新には年代別上位50名が掲載されていました。
やっぱり最後まであきらめずに、歩かずに完走してよかった。45歳から49歳で28位でした。
また次に向けて精進します。

saku_dot_run-345183.jpg


| chihikin | マラソン、ランニング | 14:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日は35kmロングジョグ


今日の練習は千歳JALマラソンの応援を兼ねて
青葉公園までの往復と公園内ジョグで、
35kmのロングジョグでした。
洞爺湖マラソンの2週間後のこの大会は、
回避していることが多いんです。
ただ、今年は洞爺湖からあっさり回復したので、
出ればよかったかなぁ?なんて後悔してしまいました。
せっかく自宅の恵庭から至近なので、ゆっくりとジョグで
走り込みの一環で出てもいいかもしれません。
写真はスタート前のゲストランナー谷川真理さんと、
UHBの京谷さんです。
| chihikin | マラソン、ランニング | 14:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
洞爺湖マラソンの結果です
洞爺湖マラソンの結果です。
最近覚えた安全運転イーブンペース走です。
でも目標の2時間50分切りを達成するためには、
35km以降の落ち込みをなくすこと、
さらに序盤からキロ当たりで5秒ちょっとを削る必要があります。
あとはもう少し身体を絞ること… 
今晩は禁酒したものの甘いものが食べたくてたまらない
私にとってはこれが一番難しいかもしれません。
糖質制限ダイエット、ランナーの方でやっている方いますか?
練習直後に糖質補給が持久力向上に欠かせない、と信じて
疑わなかったのですが。


| chihikin | マラソン、ランニング | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
洞爺湖マラソン
 
Bahbb1shogzmikpozwdhlziwmtivmduvmjmvmtcvmzavmzcvnte3l2rlmmizyzy0mwrmndy2ytcwndbkmtniotmxodg2nwm2mtq2yji5ztlbcdogcdokdgh1bwiidtuwmhg1mda+

日記

洞爺湖マラソン、セカンドベストの2時間55分9秒で完走しました。
2月の台湾高雄マラソン以来、足底筋膜炎に悩んでいましたが、
4月になって症状が緩和、月間距離500kmをこなせたことが
好結果につながったようです。
昨年10月の大田原マラソン前から取り組んできた腹筋背筋はフォーム維持に、
フロントランジとスクワットがキック力向上につながっているかもしれません。
序盤をおさえ気味に入り、とにかくキロ4分よりも速くならないように
気をつけました。2時間52分のベストを出したレースは別として、
失敗レースの典型は序盤の突っ込みが後半の失速を呼ぶパターン。
今回、自重できたのは作.ACの太田尚子さんのおかげです。
太田さんは作.ランのコーチでもあり、練習会ではペースメーカーとして
私たちを引っ張ってくれることもあります。
今回は7キロ地点で追いついたので、「絶対追い越さない」と決めて
ついていくことにしました。これが良かったのです。
ペースはキロ4分5秒ピッタリで淡々と刻んでいます。
上りは少し抑えて下りでスムーズに加速してイーブンに戻します。
さすがの切り替えです。25キロ過ぎに太田さんは故障で集団を離れますが、
序盤の追送で培ったペース感覚を私は最後までいかすことができました。
太田コーチ、どうもありがとうございました。

中間点を1時間26分台で通過、だんだん乗ってくる感じがしました。
こういうレースは滅多にないので、ここから先は最近覚えた感覚の
「淡々と巡航してラップを刻み、距離を稼ぐ」戦法です。
なんどか苦しい時期もありましたが、今度は集中してキロ4分10秒を
超えないようにペースを管理しました。
するといつもは絶対に追いつけないチームメイト、伊藤さんを発見。
少しずつ距離をつめていって声をかけます。
「伊藤さん!」「あ、調子いいね!がんばって!」
たったこれだけなのですが、すごく励みになりました。
伊藤さん、どうもありがとうございました。
40kmを2時間45分23秒で通過、この時点でサブスリーは確実になり、
かなり集中力が途切れていましたが、チームのボス小泉さんたちに
激励してもらって最後まで走りきることができました。
今回ほどチームの力をありがたく感じたことはありません。
また次の自己ベスト更新に向かってがんばります。

| chihikin | マラソン、ランニング | 17:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
冬道ランニング教室でペースメーカー



















おはようございます。
昨日はNPOランナーズサポート北海道の「冬道ランニング教室」が
勤務先の北海道新聞社と中島公園で開催されました。
写真は座学終了間際で、実技10kmランのペースメーカー紹介です。

私は先頭集団の「キロ4分〜4分30秒」グループを担当しました。
公園内のコースは屈曲箇所が多く、ざくざくとした路面があり、
歩行者も多かったので、このペースを守るのは難しいなぁ、
と思いながら引っ張っていました。
しかし1周2kmのコースを平均キロ4分25秒で走ってみて、
このグループの走力がかなり高いことがわかりました。
少なくとも冬道の走り方を教えるようなレベルのランナーではありません。
私は先頭を周回ごとに交代してもらうことにしました。
走力のあるランナーさんたちは喜んで応じてくれました。
まぁ、それから周回ごとにペースが上がって行ったのはご愛嬌です(笑)
ラストの3kmはキロ4分を切るようなハイペースでした。
TVHとNHKが取材してくれていたことも緊張感維持に役立ちました。
雪道をあんなにハイペースで走ったのは久しぶりです。
| chihikin | マラソン、ランニング | 10:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
年間走行距離は...
 
 今日で今年も走り納めです。
なんとか昨年に引き続いてサブスリーを記録することができました。
ここでランニングを本格的に始めた2005年からの内容を見てみました。
ジョグノートを始める前は仕事の手帳とランナーズのランニングダイアリーを
併用していましたが、2007年からSNSのジョグノートに切り替えました。

2007年は旧レギュレーションの防府読売マラソンを完走した年です。
普段のつなぎジョグの速度が速過ぎて怪我ばかりしていました。
今では作田監督から「キロ6分より速いのは回復ジョグにならないよ!」
と厳命されています。というわけで今年の平均速度が一番遅くなっています。
それでもやる時はやる!式にキロ4分を下回るようなスピードで
20km、30kmのペース走もこなせました。
やはりメリハリが必要なんですね。6年がかりでやっとわかりました(笑)

後半は月間500kmを超える走り込みができていたので、
「今年は5000kmいくかなぁ?」とぼんやり考えていましたが、
少し足りませんでした。これでいいと思います。意識していたら
今月も無理をしてあと43km走っていたでしょう。
まちがいなく故障リスト行きです(笑)

■ 年間走行距離集計 
 年    距離      時間       速度
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年 3575.0km 291:33'21  12.3 km/h (04'53 /km)
2008年 4603.190km 373:40'01  12.2 km/h (04'54 /km)
2009年 4110.195km 351:00'05  11.7 km/h (05'08 /km)
2010年 4261.292km 373:44'24  11.4 km/h (05'15 /km)
2011年 4957.195km 472:25'07  10.5 km/h (05'43 /km)

いずれにしても元気にこんなにたくさん練習できることに、
とくに家族とチーム、会社のみなさんに感謝したいと思います。
一年間ありがとうございました。
また来年もどうぞよろしくお願いいたします。

<来年の目標>
1.仕事を徹底的にがんばる。
2.「年に一度はサブスリー」を継続して7度目のサブスリーを達成する。
3.北海道マラソン完走。できればサブスリーで。
4.秋の大会で2時間40分台に挑戦する。またその準備をする。
5.家庭円満。

| chihikin | マラソン、ランニング | 12:09 | comments(2) | trackbacks(0) |
みなさん、今年もお世話になりました!


今日は少しリズムよく20kmジョグでした。
仕事納めから続いているお酒と美食ですこしだけ
おなかまわりが微妙な感じになっているので、
すこし強めのジョグにしてみました。
今月も今日で月間走行距離は453kmに。
市民ランナーで営業職のサラリーマンとしては
そうおいそれとこれ以上の距離を狙うことはできません。
ということは体重管理はやっぱり「お酒」・・・
新年からの課題は「節酒」に設定します。
これができなければ私の2時間50分切りは夢物語です。

昨年暮れから痛めていたアキレス腱と足首が癒えてから
自分なりに重ねてきた練習が少しだけ実った一年間でした。
作田監督をはじめ、太田コーチ、吉田コーチ、阿部コーチ、
そしてチームのみなさんのフォローのおかげです。
そして来年からは少ないチャンスを確実にものにして、
着実に2時間50分切りに挑戦していきたいと思います。
作田監督からは「狙いすませて確実にまずは2時間50分を」
と言われています。キロ4分で最後まで押せる脚力をつけます。
ランニングで関わらせていただいたみなさん、今年もありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
| chihikin | マラソン、ランニング | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
作.RUNの練習会と納会です


昨日は作.Runの練習会&納会でした。
真駒内アイスアリーナのランニングデッキをキロ4分25秒で65周、
20kmのペース走、前後のアップダウンジョグで30kmを走りました。
その後は澄川の狸湯で汗を流し、写真の中華料理店で納会です。
このお店は事務局長の行きつけで、とても美味しくて安い良店です
2階の大広間はチームの宴会にピッタリです。作田監督からひとりひとりへの
アドバイス、太田尚子コーチ、吉田コーチからもアドバイスをいただきました。
私にとってはレースペースの8〜9割のスピードでの20kmペース走は、
非常に快適に感じられました。大田原マラソンまでの練習効果が残っています。
せっかくなので、冬場も距離をこなしながらたまには質も追っていきます。
来春の洞爺湖マラソンで自己ベストを狙えるような脚作り身体作りを目ざします。

美味しい中華料理に舌鼓を打ちながらも真剣な一年の反省会です。
澄川の美味しい中華居酒屋、紫宴閣です。


| chihikin | マラソン、ランニング | 10:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
2週連続で50km走り込み、完了。

週末50km超えの2週目、完了しました。
昨日は20kmジョグのあとで、札幌交響楽団の「第九」を聴くために
キタラへ。その後は高校の同期会場までのジョグで8km。
今朝は24kmジョグでした。
二日間とも寒くていまいちペースが上がりませんでしたが、
先週に引き続いて週末の50km超え走り込みができました。
どうやら今月は目標の400kmをこなせそうです。
写真は道新マラソンクラブの納会風景です。
各自、今シーズンの反省と総括、
来シーズンの抱負を語っています。


さて、札響の第九はすばらしい演奏でした。
オーケストラは高らかに鳴り響き、独唱と合唱も元気一杯です。
我らの誇り、財産だと確信しました。
みなさんもぜひキタラに足を運んでお聴きください。
私は「P席」というオーケストラ背後の安い席でしたが、
尾高さんの表情をつぶさに見ることができるし、
音響はかえってすばらしく、感動しました。
やはり曲目そのものが傑作なんですね。
| chihikin | マラソン、ランニング | 14:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ